ひかり学院の大学受験・高校受験情報

神奈川県の公立高校受験・中堅大学受験情報やおすすめの学習方法。https://www.hikarigakuin.jp/

文教大学 数学(一般選抜A日程) 入試傾向分析

【試験の概要】

試験時間:60分
出題範囲:数学Ⅰ・A・Ⅱ・B
ボーダー偏差値:42.5~57.5程度

【出題傾向】 

大問5題で構成され、大問1は小問が4題、大問2~5は各3問程度の出題で、全問マークシート形式の問題です。
「データの分析」からの出題はあまり見られませんが、数学Ⅰ・A・Ⅱ・Bの範囲から幅広く出題されています。その中でも、数学Ⅱ・Bの内容の割合は多めになっている印象です。
全体的な難易度は基礎から標準レベルになっています。とても難しい問題が出題されることは少ないですが、扱う式に絶対値が含まれている、式変形を工夫する必要がある、かなり見落としやすい部分があるなど、少し癖があるような問題が散見されますので注意が必要です。(2022年度の大問4の(2)など)

【攻略のポイント】

ほとんどの単元の問題が幅広く出題されるので、まずは出題範囲の教科書の内容をしっかりと身につけることがベースとなります。まずは基本となる定理や公式を正しく理解し、それらを使いこなせるような状態を目指しましょう。さらに高得点を狙うためには、受験用の問題集などでの演習を通して、上述したようなやや難しい問題に慣れていくことも必要になります。
考えたことのある問題の種類を増やし、問題の処理速度を上げる努力をした上で、実際の試験では解かない問題や後回しにする問題を見極めて、時間をマネジメントすることも必要かもしれませんので、時間を意識して過去問に取り組むようにしましょう。

【推奨教材】

まずは学校で使用している教科書と教科書傍用の問題集もしくは「黄チャート」などの網羅的な参考書をしっかりと学習し、弱点となる分野をつくらないようにしましょう
基本となる定理や公式をある程度使いこなせるようになったら、「基礎問題精講」や「Z会数学基礎問題集」といった受験用の問題集を使って、教科書よりもレベルの高い問題にもチャレンジしていくと良いです。
ただあくまでも基本的な問題の得点をとることが優先になるので、まずは基本問題をより早く正確にできるかを目指して学習することが大切になります。

 

にほんブログ村に参加しました。
記事を気に入っていただいたらクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

桜美林大学 数学(一般選抜前期) 入試傾向分析

【試験の概要】

試験時間:60分
出題範囲:数学Ⅰ・A・Ⅱ・B
ボーダー偏差値:40.0~47.5程度

【出題傾向】

大問4題で構成され、大問1は小問が5題程度で構成されています。
数学Ⅰ・A・Ⅱ・Bの範囲から偏りなく出題されていますが、数学Ⅰの「データの分析」からの出題はあまり見られません。大問として扱う単元も日程によってバラバラですので、出題範囲のすべての単元について基礎的な知識を身につけておく必要があります。
全体的な難易度は基礎レベルの問題が多く、取り組みやすい試験になっています。一見すると見慣れないような問題が出題されることもありますが、そういった問題も含めほとんどが教科書の練習問題や章末問題が身についていれば対応できるレベルになっています。

【攻略のポイント】

ほとんどの単元の問題が幅広く出題されるので、まずは出題範囲の教科書の内容をしっかりと身につけましょう。教科書に載っている基本定理や基本公式を正しく理解し、それらを使いこなせるように繰り返し演習を行い、正確な計算力を磨いてください。
また基本的な問題が多いため、できる限り高得点を獲得したい試験です。単純な計算ミスなどを防ぐためにも確実に見直しを行いながら試験を進めていきましょう。途中式や図をしっかりと書きながら解き進めるといったことも有効です。マークミスにも十分に気を付けてください。

【推奨教材】

まずは学校で使用している教科書と教科書傍用の問題集をしっかりと学習してください。その2つの内容がある程度身についていると感じるようであれば、過去問に取り組み、分量や時間配分を把握していきましょう。理解が不十分であったり、時間がかかりすぎてしまう場合は教科書等で確認し直すということを繰り返し、苦手分野をなくすことが大事です。市販の参考書では「白チャート」などの網羅的なものを使って、各分野の知識を基本から着実に身につけるようにしていくとよいです。

 

にほんブログ村に参加しました。
記事を気に入っていただいたらクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

東京都市大学理工・建築都市デザイン・情報工学部 数学入試傾向分析

前期3教科型選抜の数学を、獅子ヶ谷校の高校コース長が分析しました。

【試験の概要】

試験時間:90分
出題範囲:数学Ⅰ・A・Ⅱ・B・Ⅲ
ボーダー偏差値:45.0~57.5程度

【出題傾向】

大問4題で構成され、大問1と2は小問が3題で構成されています。全て記述式の問題です。
出題範囲が全科目なこともあり色々な単元から出題されますが、数学Ⅲの内容と「微分積分」の単元からの出題が多くなる傾向があります。
大問3と4では(1)、(2)の内容を用いて(3)以降の問題を考える形式の問題、さらに大問4ではグラフを書かせる問題が出題されることが多くなっています。
全体的な難易度は基礎レベルから標準レベル程度の問題が多いです。教科書の確認問題や章末問題が身についているかを問うような試験になっています。

【攻略のポイント】

一番特徴的であるのが全て記述式の問題であるということなので、日頃から論理的に解答を書いていくという意識が不可欠になります。部分点を取っていくためにも他人にも伝わる解答を意識して学習を進めましょう。
特に他の志望校の中に記述式の問題がない人は、時間配分を身につける必要があるため必ず時間を計りながら過去問に取り組み、間に合わない場合は原因は知識不足にあるのかその他の部分にあるのかをしっかりと追究しておきましょう。
また上記の通り「微分積分」に関する出題が多い傾向がありますので、微分積分の公式や計算方法は確実に身につけておきましょう。微分積分の計算を速く正確にできるようにしておけば、その他の問題にかけることのできる時間を増やすことができるでしょう。

【推奨教材】

まずは学校で使用している教科書と教科書傍用の問題集をしっかりと学習しましょう。その2つの内容がある程度身についていると感じるようであれば、過去問に取り組んでみてください。そして過去問に取り組む中で理解が不十分であった内容を再び教科書等で確認し、苦手分野をなくしていきましょう。
実践的な問題や別解などを含めた様々な解法に触れるために「黄色チャート」や「Z会数学基礎問題集」などに取り組むのも良いです。

 

にほんブログ村に参加しました。
記事を気に入っていただいたらクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

明治大学 数学(全学部統一入試) 入試傾向分析

【試験の概要】

試験時間:60分
出題範囲:数学Ⅰ・A・Ⅱ・B
     ※理工学部と総合数理学部(4科目)は、別に数学Ⅲの試験有り。
ボーダー偏差値:57.5~62.5程度

【出題傾向】 

大問3題で構成されており、大問1は小問が3~5題程度、大問2と3はまとまった問題となっています。全問マークシート方式の問題です。
難易度は標準程度からやや難しい問題も含まれていますが、そこまで計算量が多くなるような問題があまり見受けられず、個人的には好印象な試験です。内容も一見すると面倒そうな問題に見えますが、解法が見えてくるとすんなりと解けてしまう問題だと感じます。
単元としては数学Ⅰ・A・Ⅱ・Bの範囲からあまり偏りなく出題されています。少ないですが「データの分析」などからの出題もあります。「微分積分」、「数列」、「ベクトル」は直近の3年間は必出となっていますので、優先して学習しておきたい分野です。

【攻略のポイント】

出題頻度としては数学Ⅰ・Aより数学Ⅱ・Bの方が高いので、優先して学習してください。出題傾向の欄に「解法が見えてくると解きやすい」と書きましたが、各分野における基本知識がしっかりと身についており、典型問題に対する解法が整理できていないと厳しいです。そのため、まずはしっかりと教科書や網羅式の問題集に繰り返し取り組みましょう。公式をそのまま当てはめるだけの問題ではないので、基本知識が身についた後は入試問題集などを使用して実践的な問題の考え方をストックしてください。
また大問2と3ではまず問題の状況を理解することに苦労するような出題もありますので、しっかりと図を書いたり、具体的な値を代入して計算をしてみたりといったことが必要になります。

【推奨教材】

まずは基本知識の獲得のために教科書や傍用の問題集、「黄色チャート」や「総合的研究数学」などに繰り返し取り組みましょう。最低でも解答を見たらすんなりと理解できる程度にはなっておきたいところです。
その後は「Z会数学基礎問題集」や「文系の数学 実践力向上編」などを用いて実践力をつけていきましょう。ただ無理に難しい問題集に取り組むよりも、基本知識の定着や計算力の向上の方が重要ですので、そちらを優先して行った後に実践的な問題に取り組むと良いです。

 

にほんブログ村に参加しました。
記事を気に入っていただいたらクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

拓殖大学工学部 数学(一般選抜) 入試傾向分析

獅子ヶ谷校の高校コース長による分析です。

 

【試験の概要】

試験時間:60分
出題範囲:数学Ⅰ・A・Ⅱ・B もしくは 数学Ⅰ・A・Ⅱ・B・Ⅲ(選択制)
ボーダー偏差値:42.5~47.5程度

【出題傾向】 

大問3題のうち大問1と3は小問が3~4題で構成されており、あまり偏りなく出題されている印象ですが、数学Ⅰの「データの分析」からの出題はあまり見られません。
大問2は「微分積分」に関する3題程度の出題になっています。
大問3は数学Ⅲの内容かⅠ・A・Ⅱ・Bの内容かを選択することができます。全問マークシート方式の問題です。
全体的な難易度は基礎レベルの問題が多く、いくつか標準レベル程度の問題が含まれている程度です。教科書の確認問題や章末問題が身についているかを問うような試験になっています。

【攻略のポイント】

ほとんどの単元の問題が幅広く出題されるので、まずは出題範囲の教科書の内容をしっかりと身につけましょう。
教科書に載っている基本定理や基本公式を正しく理解し、それらを使いこなせるように演習を積み重ねてください。
また基本的な問題が多いため、できる限り高得点を獲得したい試験です。試験時間はある程度余裕があると思いますので、単純な計算ミスなどを防ぐためにも確実に見直しを行い、途中式や図をしっかりと書きながら解き進めるといったことも有効です。マークミスにも十分に気を付けましょう。

【推奨教材】

まずは学校で使用している教科書と教科書傍用の問題集をしっかりと学習しましょう。
その2つの内容がある程度身についていると感じるようであれば、過去問に取り組んでみるのが良いです。そして過去問に取り組む中で理解が不十分であった内容を再び教科書等で確認するということを繰り返してください。
市販の参考書では「白チャート」などの網羅的なものを使って、各分野の基本的な知識から着実に身につけるようにしていくと良いでしょう。

 

にほんブログ村に参加しました。
記事を気に入っていただいたらクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

東海大学工学部・理学部 数学(一般選抜)入試傾向分析

獅子ヶ谷校の高校コース長による分析です。

 

【試験の概要】

試験時間:70分
出題範囲:数学Ⅰ・A・Ⅱ・B・Ⅲ
ボーダー偏差値:40~45程度

【出題傾向】

大問3題の構成です。大問1は小問が5~7題程度であり、大問2と3は(1)~(3)の過程や結果を用いて(4)を解くといった形式の問題がよく出題されています。全問穴埋め形式の問題です。
大問1では幅広い単元から出題されています。大問2と3には「微分積分」と「三角関数」の単元から出題されることが多い印象ですが、「整数」の単元などからの出題もあります。
全体的な難易度は基礎レベルから標準レベル程度であるため、取り組みやすい問題も多いです。しかし複数の単元の内容を融合したような問題や大問2と3で誘導部分の使い方が難しい問題などが含まれているなど、難易度にばらつきがあることがあります。過去問や演習用問題集などで問題数をこなしていき、色々な問題の解法を考えるトレーニングをしておきましょう。

【攻略のポイント】

大問1で極力時間を使わずに点数をとりたいため、まずは教科書の確認問題や章末問題、教科書傍用の問題集に繰り返し取り組み、教科書レベルの基本的な知識と素早く正確に計算する力を身につけることを目標としましょう。
大問2と3については必ず最後まで解き切らなくても、必要な点数をとることができるはずですので、先にできる問題から優先して解いて検算などもすることを意識しましょう。そして残りの時間で落ち着いて難易度の高い問題に取り組みましょう。時間配分を身につけたり、特徴的な問題に慣れるためにも過去問を3年分程度はしっかり取り組んでおきましょう。

【推奨教材】

まずは教科書と教科書傍用の問題集をしっかりと学習し、ある程度学習が進んできたら、過去問に挑戦してみましょう。
そこであまり歯が立たなかった人は引き続き教科書や「黄色チャート」などに取り組み、基礎を固めてください。
過去問である程度手ごたえがあった人は「Z会数学基礎問題集」や「数学基本演習」などに取り組むことで、少しレベルの高い問題も解ける力を身につけると良いです。

 

にほんブログ村に参加しました。
記事を気に入っていただいたらクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

帝京大学 数学(医療技術学部、文系学部)一般選抜 入試傾向分析

獅子ヶ谷校の高校コース長が、帝京大学の数学を分析しました。

 

【試験の概要】

試験時間:2科目120分(国社理のいずれかの科目と組み合わせ)
出題範囲:数学Ⅰ・A
ボーダー偏差値:45~50程度

【出題傾向】

大問4題で構成されており、各大問に小問2,3題が設定されている。全問の過程や結果を用いる問題が無いわけではないですが、1題解き切りの問題が多数です。全問空欄を記述する問題です。
難易度は基本レベルの問題が中心ですが、標準レベルの問題が含まれていることもあります。単元としては「絶対値」、「データの分析」「集合」、「整数の性質」なども含めて万遍なく出題されています。その中でも2022年度は「図形と計量」と「場合の数・確率」の単元からは出題量が多めでした。

【攻略のポイント】

教科書の練習問題や章末問題で見かけるような問題がほとんどです。図形の問題であれば自分で図を書いたり、整数の問題であれば具体的な数字を代入したりすると解答に近づいていけます。
ただし、2022年度にはいくつかの日程で、大問3に教科書などではあまり見かけない図形の問題が出題されていました。2科目をまとめて120分という試験の形態ですので、そういった問題には時間をかけず他の問題でしっかり点数をとれるようにしましょう。
数学に60分かけると考えた場合、丁寧に計算をしていく時間はあると思いますので、検算などをしながらミスをしないように試験を進めていくことを心掛けましょう。

【推奨教材】

まずは学校で使用している教科書と教科書傍用の問題集をしっかりと学習しましょう。
ポイントを絞って重要項目を学習したい人は、加えて「数学Ⅰ・A基礎問題精講」などに取り組むと良いです。
繰り返し取り組むことで、計算力や基本的な知識を定着させていきましょう。ある程度学習が進んできたら、過去問に挑戦してみて学習が不十分な単元を把握し、確実に解き方や考え方の基本パターンを定着させるようにしましょう。

 

にほんブログ村に参加しました。
記事を気に入っていただいたらクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村